顔汗専用の制汗クリーム テサランフェイスが必要な理由

tesaran

デートで待ち合わせ場所についたとき、仕事の打ち合わせで訪問先についたとき、
飲食店で食事中、美容院で髪のメンテナンス中、初対面の人と話すとき、
朝急いでいる通勤電車の中、仕事でプレゼンの最中、ピアノなどの発表会などなど。

毎日の生活の中で緊張で汗をかいたり、運動のあとや気温が高く暑くって汗をかいたり
それは自然のことなのですが、人によっては大きなコンプレックスとなります。

顔は体の中で一番最初にみえる場所だし隠したくても隠せない。
きちんと化粧したはずが顔汗のせいで化粧崩れをいつも起こしてしまう毎日。
手や脇にくらべ、人が初めて目にする顔の部分ですので
第一印象も左右してしまいかねません。

でも、脇の制汗剤はたくさん市販されているのに、
顔汗に効く製品はほとんど市販されていませんね。

顔にかく顔汗と、脇にかく脇汗は質が違うのです。

顔はデリケートな部分なので 脇汗用の制汗剤を使うことができません。
でも実は汗かきの人にとっては、顔にかく汗は手や脇の汗の問題より
とても大きくコンプレックスの強さは手や脇の汗の問題をはるかに超えてしまいます。

そこで手汗を止める専用クリームを発売して人気の会社が
こうした問題をお客様のご意見から捉え、研究し、
ついに顔汗専用の制汗クリームを発売することになりました。
それがテサランフェイスです。

そもそも汗腺には2種類あってエクリン腺という汗腺から出る汗は成分の99%が水分。
ほぼ全身、特に頭顔背中などに多くあるそうです。
運動の後、体温調節、緊張などで交感神経が活発になるときにここから汗が出ます。
顔汗はこのエクリン腺ですね。

一方、アポクリン腺という汗腺は脇の下や耳など毛穴から排出されて
タンパク質、脂質アンモニアなどが含まれているそう。

だから 汗腺の違いによって使う制汗剤もかえないといけないのですね。
顔汗用の制汗クリームと脇汗用の制汗クリームの成分は同じではだめなんです。
顔汗用には顔汗専用の制汗クリームを使わないとません。

顔汗は他の部位の汗とは違って、99%水からできているエクリン腺からでる汗です。
テサランの成分イソプロピルメチルフェノールはお肌にやさしい成分で
肌の表面に薄い膜を貼り、汗がでるのを予防。外部からの雑菌もガードしてくれます。

さらにテサランフェイスは医薬部外品として厚生労働省から認められた成分の
パラフェノールスルホン酸亜鉛を使用されています。

これは制汗剤には欠かせない成分で、汗の中に含まれているタンパク質と結合して皮膜をつくり、汗腺の出口を塞いで発汗を抑えます。

他の制汗剤に使用されているような刺激の強い塩化アルミニウムなどの制汗成分とは異なり、

お肌に優しい成分なので敏感な顔にも使用できるのです。

だから 小学生の子供さんや妊婦さんにも安心して使用できるんですね。